QLOOKアクセス解析
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「俺たち兄弟なんだから」第11話「オツキミリサイタル」 感想 メカクシティアクターズ

こんにちは 此花(このはな)です。

メカクシティアクターズ(カゲロウプロジェクト)を知らない方はこちら
目にまつわる力を持つ少年少女達が活躍するお話 メカクシティアクターズ原作 ご紹介

クールビュティーだけど、怖がりなキドさん! キャラ紹介 メカクシ団No.1

n style="font-size:large;">今回は、メカクシティアクターズの第11話「オツキミリサイタル」の感想を書きたいと思います。

第11話は、シンタローの能力についての情報が明かされると思っていませんでした(笑)
余計わけ分かんなくなりましたよ。記憶に関する能力なのは、予想通りでしたけどね。

さて、本編に行きましょうか
シンタローの話からスタートです。
メカクシ11話2
メカクシ11話3
メカクシ11話9
メカクシ11話4
メカクシ11話5
メカクシ11話6
メカクシ11話8
「なんだよ、これ…」
シンタローがつぶやく
メカクシ11話7
メカクシ11話10
「何なんだよ、この記憶。なんでこんなひでぇこと…」
繰り返される悲劇。シンタローはそれを思い出す
「随分と時間がかかたけど、やっと思い出せたみたいだね」

そう蛇の声がする。
「誰だよ。お前」
「君の能力さ」
メカクシ11話12
「この世界から君が生まれるずっと前から、君の中にあった力」

メカクシ11話13
メカクシ11話14
「ずっと昔、君と女王は誓ったんだ。
 この悲劇を絶対に忘れないって」

メカクシ11話15
メカクシ11話16
「今の君なら、思い出せるんじゃないかな?悲劇を」
「悲劇……」

「そうさ。君がいつも夢の中で眺め続けていた悲劇だ」
メカクシ11話17
「また今回も終わるのか?」
そう言うシンタローに蛇は、こう言った。

メカクシ11話18
「先の未来なんて誰にも分からないよ。
 分かることはいつだって、今までのことだけさ」


メカクシ11話19
「不思議に思ってたんだ。
 ガキの頃から物覚えだけよくてよ」

あ!あの特典のドラマCDってそういう伏線だったのか!

なるほど、物語の鍵になるってそういうことか。
「目に焼きつける能力を持っていたんだ。不思議なことはないよ。」
ロスタイムメモリーの副題が「目に焼き付ける話」だもんね。ここで出てくるとは…。
メカクシ11話20
メカクシ11話21
「さぁ、聞かせてよ。
 今までの物語を知った君はこの先をどうするんだい?」


シンタローは引出しから、ハサミを取り出す。
メカクシ11話23
メカクシ11話22
メカクシ11話24
刃先を首に向け
メカクシ11話25
刺した

つまり、どういうことだ?これは「ロスタイムメモリー」の黒ジャージのシンタローの話ってことか?
アヤノのことで自殺したんじゃなくて、能力が発動して、全部を思い出して自殺したってこと?
それとも、アヤノに会いに行ったってことなの?

アヤノにすがってたから、全部思い出して、8月15日にアヤノに会うために自殺した。
あの頃のアヤノに会いたくて、ただそれだけで。思い出して知ってたからってこと?
うわぁぁ、よく分からなくなってきた。


だから、資料だと頸動脈をはさみで切って、自殺して行方不明ってことなの。
音楽版がどの位置なのか分からないから、どういったらいいか……。
シンタローがマリーに能力をもらう前の世界がどういう世界だったのか?、それ分かんなきゃ考察できなくない?

ツバサの漫画みたいだよ!ループする前の世界がどういう世界なのか分からない。
これも同じなんですか! じゃ絶対分かんないや!分かんないままの方がいいんだろう。

シンタローが頭が良いのも、能力のせいなら、モモの能力がついた理由、兄に対しての劣等感から能力がついたのが説明がつかない。だって、一番最初のシンタローが能力つく前だった時に、モモは能力つかないはずだもん。だから、元々シンタローは頭がよかったんだろう。能力がついて、もっと頭よくなったってことなんだろうね。そうしないと、つじつまがあわない。

あ、ごめんなさい。考察入れちゃった。
本編戻ります。OPが終わって、モモとヒビヤとキドのシーン。
メカクシ11話26
「ついてこないでよ! おばさん!」

メカクシ11話27
「おばさんじゃないって言ってるでしょうが!!」
ヒビヤの一言にモモは怒る。
「離せ!離せって!」

「離さないよ! だって君、また逃げるでしょ!?」
そう言ってヒビヤを押さえつけるモモ。
メカクシ11話28
「なぁ、話だけでも聞いてくれないか?」
キドがヒビヤにそう言うが

メカクシ11話29
「なんだよ。ヒヨリのこと助からないとか言ったくせに!」
ヒビヤは叫ぶ。
「勘違いするな…。可能性がないと言ったわけじゃない。
 すぐ助ける方法が見つかっていないと言ったんだ」

「そんなの! 同じじゃないか!いいよ…もう、僕一人で…」
そう言ってヒビヤがどこかへ行こうとするが。
メカクシ11話30
「じゃあ、聞くが、お前ひとりで見つけ出せるのか?
 どうしようって言うんだ?」

キドがそう問いかける。

「それは……」
ヒビヤは言い淀む

「ほら、やっぱり何も考えてないじゃん!だから、一緒に探してあげるって言ったのに…」
なんかモモちゃん怖い。

「いや……だってなんかおばさん、怖いんだもん」
素直に言っちゃダメでしょ。ヒビヤ


あーあ、殴られた。モモに


「改めて自己紹介をしよう。俺はキド。」

「私は、モ、モ! ちゃんと名前で呼んでよね!?」
本当におばさんって呼ばれたくないのね、モモちゃん。
「お前はなんというんだ?」
そうキドが聞く

「ヒビヤ」


「そうか、ヒビヤか。聞いてほしい。お前が今日巻き込まれたのは、俺たちにも因縁のある現象だ。だったら、お前一人で立ち向かうよりも、俺たちと一緒の方がいいと思うんだ」

「だから私たちと一緒にその子を探しに行こうよ!ヒビヤくんも入ろう!メカシシ団!」
え、モモちゃん?メカクシ団だよ?

「何、その怪しい団体」
ははは(呆れ)モモちゃんのせいだ。

「キサラギ。ちょっと黙ってろ、ややこしいことになる」
うん、キドの言うとおり。ややこしいことになるから、黙ってて。

「え!? 何ですか?」
いや、モモちゃんの説明だとなんか訳分かんなくなりそうだから

「あれ? 団長さん、あの人達…こっちに向かって来てません?」
謎の人達は、モモ達に向かって来ていた。モモ達は捕まってしまう。

場面が代わり、カノのシーン。

一人で歩くカノ。
そして、エネに昔話を話した影響か、昔のことを思い出す。
公園で、アヤノと二人っきりで話をする

「あの蛇、お父さんの願いごとを叶えようとしてるんだって…」


「願いこと…?」
カノが不思議そうに聞く。
「お母さんにもう一度会いたいって、お願いごと…」

「そんなことが出来るの!?」
カノが驚いたような声を上げる

「こっちの世界で、化け物を作れば出来るんだって…そしたら、向こうの世界に飲み込まれた人に会えるって…」

「それ、最高じゃない!僕たちも手伝おうよ!それ」
カノは喜ぶが、アヤノは止めるように言う。

「ダメ!!」
アヤノは叫ぶ

「えっ?」


「化け物を創るのには、命の代わりになっている蛇を集めなくちゃいけないって……集めた蛇を一つにしなくちゃいかないって…だから……」
アヤノは、言いづらそうに言う。

「それって僕らの力のこと…?」
呆然とした様子で言うカノ


「私だって…お母さんに会いたいよ!!でも…その代わりに皆が死んじゃうなんて絶対ダメ!!」
泣き出すアヤノ

「姉ちゃん……」
「お母さん、最後まで皆のこと、心配してたもん!皆が死んじゃうなんて絶対ダメだよ!」

またカノのシーンに戻り、
また回想に戻る。


「姉ちゃんの先輩達…?」
そうカノはアヤノに問いかける。
「しゅうやは会ったでしょ?貴音さんと遥さん。あの蛇、貴音さん達に蛇を取り憑かせようとしてる。」

「そ、そんな……」
カノは驚いたような声を上げる

「ねぇ、しゅうや…。私…あの蛇と話してみようと思う」
突拍子もないアヤノの話にカノは

「はぁ!? そんなの無理だよ!まとまに話なんてしてくれないって!」
アヤノを止めようとする。

「そうかな? でもほら、私馬鹿だから…逆に拍子抜けして話してくれるかもよ?」


「ふざけないでよ!!姉ちゃんまでいなくなったら僕らは……」
カノは怒る。

「ありがとう。私もずっとみんなと一緒にいるつもりだよ?だから、心配しないで…」
アヤノ……。覚悟は決めた感じなんだよね。

場面が代わり、またカノのシーンに戻る。

そして、また回想へと

「姉ちゃん…?」
カノの脳裏に嫌な予感がよぎる

急いで学校へと向かい、階段を上がるカノ。
屋上の扉を開けようした瞬間


「貴方は間違ってる!!」
アヤノの声が聞こえた。

「何なんだ、随分酷い言いようじゃないか。俺はこいつの願いを叶えてあげようとしてるんだぜ?なんなら、感謝してもらってもいいくらいだ。」
ケンジロウ、いや目が冴える蛇が言う。


「違う!お父さんは皆が死ぬことなんて望まない!貴音さんも遥さんも家族の皆も!殺そうとしたりしない!」

「確かにそうだ。こいつはそんなこと望んじゃいない。しかし、お前ら人間につくづく呆れるぜ。まぁ、それがいい所でもあるんだが」


「相応の願いには、相応の犠牲が伴う。お前らだって、口では言うじゃないか。いいか、俺は願いを叶える能力だ。こいつの願いがあるから、能力である俺は存在できる。俺は自分が消えさえしなければ、他のことは知ったこっちゃないんだよ」

ふむ、目が冴える蛇は願いがあるものに取り憑くのか。そして、願いを叶える能力を持っている。

「人の心も…命も…理想も願いの前では等しく無価値だ。分かるかい?」
目が冴える蛇にとっては、そんなものなんて価値がないってことか。


「狂ってる」
なんか次回予告の会話予想って当たるもんだな。見事に過去の描写だった。

「おおおお…それは光栄なことだ。それでお前はどうするつもりなんだ?まさか…誰も殺さないでください、なんとかなると思ってたじゃないだろう?」

アヤノだってそんなこと分かってたはずだ。目が冴える蛇は話しても意味がないことに

「いくらお前が馬鹿とはいえ、それじゃあんまりにもグズってもんだ」

「作戦ならあるよ」
アヤノはそう言って後ろに下がり始める。

「あ? なんだ」


「こっちの世界に全部の蛇が集まらなかったら、お父さんの願いは叶わないんでしょ?」
全ての蛇を現実世界に集まらなかったら、計画は成功しないということですね。

「ふん、まぁそういうことになるな。死んだ命を生き返らせるなんてことは、そう簡単に出来ることじゃない。全ての蛇をつかさどる完全な存在が必要不可欠だ」

飲み込まれた人達に会うには、女王に「目を合体させる蛇(めをあわせるへび)」を使わせなくちゃいけないからね。

「だったらさ……」
「ん?」

「もし私が蛇の能力の中で一つ、手に入て向こうの世界から戻ってこなかったどうなる?」
アヤノがそう言った瞬間、カノは走り出す。

「姉ちゃん!!ダメだ!!」
カノは叫ぶ

「しゅうや……」
アヤノは来てしまったのかという顔で、いう。

「変なこと言わないでよ!!ずっと一緒だって…ずっと一緒にいてくれるって言ったじゃないか!」
必死に止めようとするカノ
「おいおい、馬鹿なことはやめろ。そんなことしたら、どうなるか」

目が冴える蛇も止めようとする

「もう成功しないって分かった計画なら、続ける意味はない。貴音さん、遥さんも、家族の皆も殺す意味なんてなくなるでしょ?」

アヤノが自殺して、蛇に取り憑いて、カゲロウデイズの世界にとどまったら、もう現実世界に全ての蛇を集めることが出来ない。計画は成功しない。

「てめぇ…」


「…死んだ人を引き込むんだよね、これ」
後ろにある「カゲロウデイズ」の入り口に手を伸ばすアヤノ

「やめろ!姉ちゃん!」
カノ……。

「ごめん…しゅうや……。やっぱりお姉ちゃん、かっこ悪いね。ちょっとだけ…怖いや」
アヤノは涙をこぼす


そのまま落ちていくアヤノを止めるように追いかけていくカノ。

アヤノが落ちていく中、目が冴える蛇がにやりと笑うのを見た。

それを見て驚くアヤノ。
アヤノが自殺することさえも予想していたということか?恐ろしい蛇だ。

「うわああああ!」
泣き叫ぶカノ。

「あぁ…まさかこんなことになるとはなぁ…。こいつらには呆れてものも言えん。」
その言葉に激昂したカノ

「おまえ!!殺してやる!殺してやる!
殺してやる!殺してやる!」

カノは目が冴える蛇の胸ぐらを掴み、いう

「おいおい、さっきの様子だと、お前も分かってるんだろう?お前の父親を生かしてやってるのも俺なんだっての。だったら、殺すも何もないじゃないか」

「くそっ!くそっ!」
カノは崩れ落ちる

「とはいえ、あいつのおかげで計画は知失敗だなぁ。こちらの世界に全ての蛇
集められなくなった以上、こいつの嫁を連れ戻すことは出来ん。一体どうしたものか……」


それさ!わざと言ってない?目が冴える蛇さん。
「だったら、だったらもう……何もすんなよ…。父さんだけでも返してくれよ!」
そう言うカノに目が冴える蛇は

「なんてな。これで終わりだとでも思ったか? 馬鹿が!」
そうあざ笑うように言う


「おまえさっき……連れ戻すことは出来ないって……」
カノは驚いたように言う

「そのとおり、こうなってしまった以上、今回の世界じゃ…こいつの嫁を連れ戻すことは出来ない」

「何言って……」
言った意味が分からないという顔をするカノ。

「だったら、やり直せばいいんだよ、最初から。あぁそうだ……おまえ、アイツの死体のフリでもしろ!そういうの得意だろ?」

女王の力を使えば、時間をループさせることなんて可能だもんね。成功するまで、やり続ければいい。

「おまえ…」
睨みつけるカノ

「勘違いするなよ?
 お前も家族も生かしてやってるのは俺だ。

「自分の家族が惨たらしく殺される様が見てえか?
 見たくないよなぁ…」


「いいか…おまえが何をしようと、運命は変わらねぇ。家族揃って早死にしたくなけりゃ…忘れんなよ」
そう言って、目が冴える蛇が去る

場面が変わり、研究所?


「ははは、上出来じゃねぇか」



「まぁ、精神の方のやつはそのうち現れるだろう。女王の元へ集まるのには逆らえねぇからな」

それを聞くカノがなんだか辛い表情で、辛い。

場面が変わり、アジト。

「なぁ、しゅうや」
そうキドが聞く。
「なに…?」

「あの家を出て本当に良かったんだろうか?父さん一人で寂しがってるんじゃ……」
これはアジト出た直後なのかな?おそらく、アヤノが自殺した後に出てってたんだろうけど

「僕たちのせいで、どうしようもないくらい酷い目に合わせちゃったんだ。もうこれ以上迷惑かけられないじゃない」

感情のない声でそう言うカノにキドは涙をこぼす

「泣かない泣かない!!今回はこうすけがあの子をつれてくるんでしょ?来て、つぼみが泣いてたら、びっくりしちゃうじゃん」
慌ててキドを励ますカノ。

あの子って、マリーのことか。マリーが来る時の話なのか

「そうだな。すまん」
涙をふくキド
「ねぇ…その喋り方続けられそう?」

あーやっぱり、喋り方って無理矢理直したんだ

「強くなって、皆を支えるって決めたんだ。形からでもこうしないと、折れてしまいそうだから」
キド……。やっぱ、アヤノが亡くなるのは相当堪えたんだな

「じゃあ……今回からつぼみはみんなを支える団長だ」
カノがそう言うと、キドは驚いたように言う

「団長!?」

「そう! 自分達の能力に負けたりしない。この力の謎を解く秘密組織の団長!!ねぇ?良くない?」
カノなりの励まし方なのかな?そうだったらいいなぁ。

「子供じゃあるまいし、そんな…」
少し嬉しそうに否定するキドにカノは

「お? 今ちょっと嬉しそうにした。でも…つぼみ団長ってのはちょっと可愛過ぎるかなぁ」

「か、可愛いっていうな!」
そう言うキドさんが可愛いですけど!

「よぉし!今日からつぼみはキド団長!どう?コードネームぽくない?僕はカノで、こうすけはセトで、皆で呼び合ったら、秘密組織っぽいじゃん!」

「なんだよそれ。名字で呼び合ってるだけじゃないか」
キドがそう言う。

「これくらい分かりやすい方がいいんだって…ね?面白くない?」

「分かったよ。カノ」
「おおおお! 新鮮でいいね!となると、組織の名前だなぁ。えっと…あれ何だっけ?小さな頃皆で秘密組織ごっこしてた時の……」

あーカノが作ろうと言い出して、名前は小さな頃に遊んでた秘密組織の名前かぁ。

「ただいま!」
セトの声が聞こえる。
「おっ、来た来た」

「こ、こんにちは」
マリーが挨拶をする
メカクシ11話36
「思い出した」
カノが声をあげた

メカクシ11話37
「ん?」
マリーは不思議そうに頭をかしげる

メカクシ11話38
「ようこそ メカクシ団へ!」
そうカノは宣言した
あまり原作では書かれなかった。現代版のメカクシ団の創設の話か。

やっぱりカノは、アヤノの自殺の真実や自分たちの能力の秘密とかをキドとセトに話してないんだね。
その上で、自分たちの能力の謎を解く秘密組織を作ろうって提案してるなんて…なんか切ない。


場面が変わり、現代のカノに戻る
メカクシ11話39
「姉ちゃん……」
そうアヤノの墓の前でカノはつぶやく
メカクシ11話40
「おーい、カノ!」
ようやくカノを見つけたセトが声をかける

メカクシ11話41
「びっくりした。どうしたの?そんなあわてて……」
そう感情ない声でセトに返答するカノ

メカクシ11話42
「どうしたのじゃないッスよ。全然帰ってこないし、
 携帯も繋がらないから、皆心配してたんッスよ?」

そう心配そうにいうセトにカノは…
メカクシ11話43
「えっあ……ごめんごめん」
心、ここにあらずのような声でそう言った。
「そうだ。結局俺
 ……姉ちゃんの墓参り出来てなかったッスよね。ちょっといいっスか?」


そう言って、セトはしゃがみ込み、墓の前に手を合わせる
「え?」
メカクシ11話44
「また一年、皆で元気に過ごせたっス。最近は新しい友達も増えて、にぎやかになってんきたスよ。キドなんてはりきっちゃって……」
そうセトにカノは

「それ……僕も言った」
その発言にセトは慌てだす
「え……え!? あっえっと…とにかく何とかやってるッス!見守ってください!」
メカクシ11話45
「もういい?」
そう急かすカノにセトは…

メカクシ11話46
「なんすか? そんな急かなくてもいいじゃないスか。
なんか元気ないッスね。なんかあったんスか?」


メカクシ11話47
「別に何も……」
否定するカノ
「うーん、でもなんかこう…いつもと違うっていうか…」

メカクシ11話48
そのセトの問いにカノは唇を噛みしめて
メカクシ11話49
「そんなに気になるんだったら、
 力使えば!?こうすけなら、僕の頭の中、覗けるでしょ!!」


メカクシ11話50
「聞かなくたっていいじゃん!!」
今までの感情を爆発させるようにカノは叫ぶ

メカクシ11話51
「カノ……?」
セトは急に態度が変わったカノを見つめる。

「むかつくんだよ!! 何も知らないくせに皆ヘラヘラしてさ!
 姉ちゃんのことだって、本当はどうでもいいんでしょ!!」

メカクシ11話53
「なっ!何言ってんすか! そんなこと…」
セトは否定するが、カノの感情の爆発は止まらなくて…。
「そのしゃべり方、やめろよ! もう……なんだよ」
メカクシ11話52
「なんでこんなことになったんだよ…。母さんも姉ちゃんもいなくなって…
 僕たちだって…そのうちあいつに殺されるんだ…」


メカクシ11話55
ぽつりと、涙が落ちる。
メカクシ11話56
「もう……もう嫌だ…こんな世界…」
泣きながらそうつぶやくカノ。
メカクシ11話57
あまり見せなかったカノの本音にセトは。
そっと肩に抱き寄せ、こう言った。
メカクシ11話58
「大丈夫…。大丈夫だから」
そう言って、子供慰めるように言うセト
メカクシ11話59
「何が大丈夫なんだよ。くそっ!」
反論するようにつぶやく

メカクシ11話60
「昔から……しゅうやは全部一人でしょいこんでさ。俺たちの前ではいつも笑ってた。でも、小さい頃の俺…知ってたんだ。しゅうやがいっつも無理してるの」
!? なんか原作と違う。でも、やっぱりセトは知ってた。

コントロール出来なかった頃のセトに強制的伝わってたものだけど、
それでよかったんだよね。
メカクシ11話61
「こうすけ……?」
少し驚いた声を上げる
メカクシ11話62
「言いたくないのも分かってる。
 だけど……これからは一緒に背負おう。俺たち兄弟なんだから」


メカクシ11話63
メカクシ11話64
セトは能力を発動させる。
そして、カノの過去を見るのだった。


ここで能力を使ったから、全部分かったのか。納得。
言いたくないからこそ、能力で見るというセトの覚悟か。


場面が代わり、キド達の話へ。
メカクシ11話66
「離せ! 離せって言ってるでしょ!!」
モモは叫ぶ
「うわぁぁ」

倒れこむモモ
メカクシ11話67
「お前ら なんのつもりだ」
キドがさらったやつらにそう聞くが、やつらは何も言わない
とっとと出てってしまう。
メカクシ11話68
「ちょ…どこ行くの! ちょっと!!出してったら!おーい!」
モモ達は、小さな箱の中に閉じ込められてしまう。

メカクシ11話69
「あいつら…前に僕とヒヨリをさらおうとしたやつらだ」
ヒビヤがそう言う。

なるほど。
時系列表にあったヒビヤとヒヨリを事故に見せかせて殺害って書いてあったから、そういう人たちなのかな?
ケンジロウ関係の人たちってこと。

メカクシ11話70
「これはまずいな。なんとかして外に連絡をとれればいいんだが…」
キドがそういう。
「携帯とか全部とられちゃいましたよ。大声出しても建物の中じゃ…」


ふむ。外の連絡か。どうするのかな
メカクシ11話71
「くそっ! 何なんだよ。早くヒヨリを見つけなきゃいけないのに!」
ヒビヤは床をたたく
メカクシ11話72
「ヒビヤ……」
それを見つめるキド

メカクシ11話73
「ねぇ、その…ヒヨリって子はお友達なんだよね?」
モモがそう聞く。

メカクシ11話74
「そうだよ。だから何?」
不思議そうにヒビヤが聞く
「好きなの?」
メカクシ11話76
「はあ!? な…なな、何でそんなこと…」
モモの質問に慌てて否定するヒビヤ
「そっか…じゃあ、一刻も早くこんな所でなくちゃだね!」

そう笑って言うモモ。
メカクシ11話78
「なんだキサラギ。策でもあるのか?」
そう言うキドにモモは

「うーんまぁ…。うまくいくか微妙なんですけど…
 困ってる仲間がいたら、なんか出来ちゃいそうなきがするんです!」

モモはそう宣言した。
メカクシ11話79
「団長さんって、どれくらいの範囲、存在感を薄くしたりできるんですか?」
「そうだなぁ…全力で試したことはあまりないが、建物みたいに繋がって一つになっているものだと、消しやすくはあるな」

メカクシ11話80
「じゃあ……この建物の中だけ、私の力薄くすることって出来ますか?」
そう言ったモモの言葉に、キドはひらめく
「なるほどな。どこまで出来るか分からんがやってみよう!」

つまり、モモの力で外に声を届けたい。でも、建物の中の人にばれないようにしたい。モモの能力を発動しながら、建物の中だけキドの能力を使って、モモの力を相殺するのであるってことかな。最初見た時は、何がなんだか分からなかったけど。

「ちょ、ちょっと待ってよ! 何するつもりなの?」
ヒビヤが聞く
メカクシ11話82
「ちょっと歌っちゃおうかなって」

ここから曲スタート!
「オツキミリサイタル」
ver IA

メカクシ11話84
「要はあいつらにばれないように、外の人に気付いてもらえばいいんですよね。
 私も出したことないんです。本気」

モモちゃんも全力で「目を集める」を使ったことないのか。

「全力でやってやれ。全力でおさえつける」
キドがそう言う。
「え?」
状況がまるで分かってないヒビヤ(笑)
メカクシ11話86
「ついでに君も励ましてあげる!」

メカクシ11話87
メカクシ11話88
モモとキドの能力が発動し、作戦開始!

場面が変わり、カノとセト。
メカクシ11話91
「この声、キサラギさんの声ッス。しかもこの方向からってことは…」
「やっぱり 連れてかれちゃったって感じかな…。にても、やり方がキサラギちゃんらしいというか…」

フフフ。カノが元に戻ったね。よかったよかった。

連れてかれたということは、やっぱり目が冴える蛇関係ですか…。そうですか…。
メカクシ11話92
「でもこの声…なんか元気でるッスね。さすが、アイドル! 
 いっちょ助けに行くッスか?」

そうセトが聞くと、カノは少し笑って
メカクシ11話93
「もちろん!」
そう言ったのだった。

場面が変わり、貴音(たかね)へ
メカクシ11話94
「なんで病み上がりにこんなとこ、走んなくちゃいけないわけ!なんなの!
 ここ…迷路!?」

「なんか上から、モモちゃんの声聞こえるし、っていうか、どっから上がればいいのさ!あーー!!もう!」

貴音に戻ったエネだ!!
どうやって戻ったのか分からないけど、とりあえず良かった。


場面が変わり、コノハとマリー
メカクシ11話95
「すごい人。行けそう?」
「大丈夫。ちゃんと捕まってて」
そう言うと、コノハは
メカクシ11話96
能力発動!
メカクシ11話97
大きくジャンプする。
「うわああああ」
マリーは叫び声をあげる

メカクシ11話98
これは、シンタローの部屋だ。しかも、はさみが置いてある。
まじでシンタローどこ行った?

場面が貴音に戻って、カノと合流
メカクシ11話99
メカクシ11話100
「ちょっと! 場所分かって走ってるの?」
貴音にそういうカノ。

メカクシ11話102
「なんだ 結局来たじゃん!」
呆れたようにそういう貴音。
メカクシ11話101
「なんだかんだ 皆一緒になっちゃうッスね」
こ、これは皆が集まることになるわけか。
貴音ちゃんと合流とか、なんか不思議な感じ。

メカクシ11話103
メカクシ11話104
モモの歌ってる様子にヒビヤは
「アイドルみたい…」

メカクシ11話105
「でしょ? 元気出た?」
このモモの問いにヒビヤは笑ってみせた

すると、マリー達が来て
メカクシ11話106
「マリーちゃんと…誰?」
モモがマリーがそう聞くと、マリーは
「お友達」
とにこりと笑って言った。

次はカノ達が来て。
メカクシ11話107
「いた。こっちこっち」
貴音がカノに言う。
「分かってるって…。なんでそんな元気なの?」

「お! キド達も一緒ッスね」
皆が集まってきた。
メカクシ11話108
「お前ら……」
呆れたように、皆を見るキド。
メカクシ11話109
「ようこそ! メカクシ団へ!」
そうヒビヤにモモは宣言したのだった

ここで皆集まった状態ってことは、終わらせる気まんまん。
いないのはシンタローだけ


EDが終わり、Cパート
メカクシ11話110
!? アヤノちゃんがいる所ってことは「カゲロウデイズ」の世界?
メカクシ11話111
「こんなに暑いって言うのに、
 やっぱりマフラーはずさねぇんだな」

ふぁ!?シンタローが来た! しかもこれは…全部思い出してるシンタローだ!

メカクシ11話112
声が聞こえたような気がしたのだろう。
 アヤノは声の方向を見る。

メカクシ11話113
「赤い色はヒーローの色だったか」
アヤノの目にシンタローが写る。
メカクシ11話114
驚きの表情をするアヤノ。

メカクシ11話115
「大分…時間かかちまったな…悪い」
そうシンタローはアヤノに謝る。
アヤノは…どれくらいの時間を待ったんだろうね。
メカクシ11話116
「さぁ、一人で戦うのはもう終わりだ。
 みんなが待ってる」

そうシンタローが宣言する
メカクシ11話117
そのシンタローの言葉に泣き出すアヤノ。
アヤノの表情にうっと言葉をつまらせるシンタロー。
メカクシ11話118
「う……一緒に行こう!」

これは最初の冒頭のシーンの黒ジャージではなく、赤ジャージを着てる。
つまり、これは冒頭の続きなんかじゃない。


もう一つのルートのシンタローがアヤノを迎えに来たお話なんだろうね。
ずっと迎えに来るのを待ってたアヤノを迎えに。
なんか…よかったねアヤノ。本当によかった。
メカクシ11話119
第12話「サマータイムレコード」
シンタロー「あんたを迎えに来た」
ケンジロウ「わざわざご苦労なこったねぇ」

目が冴える蛇「さあ! もう一度楽しい日々に戻ろうじゃないか!」
マリー「やめて!!」


あの!すみません。バットエンド臭しかしないんですが!
目が冴える蛇というか?クロハが来たということは、全員皆殺しされそうなんですけど!

気になるのは、シンタローとケンジロウのセリフですよね。
シンタローはアヤノへのセリフだと思うんですが、ケンジロウが「わざわざご苦労なこったねぇ」が、シンタローの返答に聞こえてしまう気がして。

まぁ、全ての話をまとめるんですから、可能性はなくはない。
出てこなかったシンタローが出てくるかですね、本編に。出てくるとしたら、アヤノと一緒に来るんでしょうか?
こんな終わり方を今回、したということは次回そうするってことでしょうかね。


ここまで読んでくれてありがとうごさいました。
このブログの情報をツイートしています


RSSフィードを配信しています
クリックすれば飛びます

ランキングを見る方はこちらにどうぞ

にほんブログ村 アニメブログへ

第12話の記事はこちら
目を眩むような夏の日を私はきっと明日も忘れない。第12話「サマータイムレコード」 感想 メカクシティアクターズ

「蛇」が語るこの世界の仕組みとは!? あらすじ&場面カット公開!第12話「サマータイムレコード」 メカクシティアクターズ

第11話の記事はこちら
第11話「オツキミリサイタル」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

アニメから入った方はこちら メカクシ団員の能力紹介をしている記事でもあります
キャラ紹介ようなものです。能力を紹介している所はネタバレ注意と書いてあります
見たい方はどうぞ
クールビュティーだけど、怖がりなキドさん! キャラ紹介 メカクシ団No.1

爽やか青少年、でも、昔は臆病で泣き虫 セト メカクシ団NO.2

いつも笑顔を絶やさないが、ここぞ時に頼られるカノ メカクシ団NO.3

常識を知らない天然さん マリー メカクシ団NO.4

今や人気アイドル! しかし、服や食べ物のセンスはいまいち? メカクシ団 №5 モモ

謎の電子ソフトエネちゃん! その正体は? メカクシ団No.6 エネ

引きこもりなのにIQ168!? へタレなシンタローくん メカクシ団No.7 シンタロー

モモに対して生意気な小学生、でも、ヒヨリに一途な思いを抱くヒビヤ メカクシ団NO.8

驚異的な身体能力をもつコノハ その正体は? メカクシ団NO.9

天真爛漫な女の子 メカクシ団創設者 アヤノ メカクシ団NO.0

学校のマドンナ、だが、その性格はわがままで!? ヒヨリ

一番重要な人物!? モモの担任のケンジロウ キャラ紹介

目の能力の元の持ち主 アザミ(薊) 能力移譲の秘密

すべての元凶!? 目的が分からないクロハ(黒コノハ)

こちらは、能力がついた原因や過去編を中心に書いている記事です。
ここから消えたいと思っていた幼少期 木戸つぼみ キド編

子犬だけが友達だった幼少期 瀬戸幸助 セト編

母親から受けた暴力を周囲に必死に隠そうとしていた幼少期 鹿野修哉 カノ編

兄に劣等感を感じていた幼少期 如月桃 モモ編

アニメの記事はこちら
目が冴える蛇の目的について 分かったこと メカクシティアクターズ

「ずっと愛してる。ずっと祈ってる。お前達が幸せになれることを」第10話「空想フォレスト」 感想 メカクシティアクターズ

第10話「空想フォレスト」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

カノはなぜエネに身体の場所へと案内したのか? 考察 メカクシティアクターズ

蛇を召喚するための生贄とは何か? 第9話「アヤノの幸福理論」 考察 メカクシティアクターズ

せめてあの子達の前では笑顔でいよう。第9話「アヤノの幸福理論」 感想 メカクシティアクターズ

第9話「アヤノの幸福理論」を予想しよう! メカクシティアクターズ

あれはアニメの続きなのか? 第8話「ロスタイムメモリー」特別ED 考察 メカクシティアクターズ

「なんでここにいるんだよ…アヤノ」 第8話「ロスタイムメモリー」 感想 メカクシティアクターズ

第8話「ロスタイムメモリー」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

第11話が「オツキミリサイタル」!第12話が「チルドレンレコード&サマータイムレコード」! DVD&ブルーレイ発売決定! メカクティアクターズ

コノハ(遙)が記憶喪失だった理由 第7話を見て分かったこと メカクシティアクターズ

カノがエネを責めた理由 第7話「コノハの世界事情」 考察 メカクシティアクターズ

「会いたいよ……たかね」第7話「コノハの世界事情」 感想 メカクシティアクターズ

第7話「コノハの世界事情」を予想してみよう! メカクシティアクターズ

ようやくエネになった秘密が明かされる! 場面カット&あらすじ公開! 第7話「コノハの世界事情」 メカクシティアクターズ 

やはりアヤノが自殺した日は遙(はるか)が発作を起こした日 アニメ6話を見て分かったこと メカクシティアクターズ

え?カノがつぼみって呼んだ! 第6話「ヘッドフォンアクター」感想 メカクシティアクターズ

文化祭の話が来た!? 場面カット公開! 第6話「ヘッドフォンアクター」 メカクシティアクターズ

第6話「ヘッドフォンアクター」の内容を予想しよう! メカクシティアクターズ

もしかしてシンタローの能力って? アニメ5話冒頭シーン 書きおこし 考察 メカクシティアクターズ

まさかの第8話が「ロスタイムメモリー」!? DVD&ブルーレイ情報公開! メカクシティアクターズ

「気づけるのは、君だけだ」第5話「カイエンパンザマスト」感想 メカクシティアクターズ

赤い目の猫はカノなのか? 検証してみた 第4話「カゲロウデイズ」 考察 メカクシティアクターズ

「もう一度 思い出してみようか?」ループの始まり? 第1話 人造エネミー 感想&考察含む

「私はもう普通の人になりたい」第2話「如月アテンション」 感想 メカクシティアクターズ

ようこそ、メカクシ団へ 第3話「メカクシコード」 画像付き感想 (ネタバレ注意) メカクシティアクターズ

セトはなぜ テレビのロックを外すことができたのか? 第3話「メカクシコード」 考察

まさにカゲロウデイズの曲通り! 第4話「カゲロウデイズ」 感想

第5話「カイエンパンザマスト」の予想をしてみよう! 先行場面カットとあらすじ公開 メカクシティアクターズ

小説&漫画の関連記事
セトの過去編が始まった! 漫画カゲロウデイズ5巻 感想

遥は貴音のことが好きなのか? アニメ放送前に検証してみた 考察 カゲロウデイズ小説5巻まで 

新しいキャラクターが主人公!? カゲロウデイズ小説6巻 主人公を予想してみよう! (ネタバレ注意)

  夜咄ディセイブが来た! 人をあざむくカノが主人公! カゲロウデイズ5巻! 挿絵付き感想

カノが話していた少女は誰? カゲロウデイズ 小説 第5巻の考察 気づいたこと

アヤノが自殺した理由 第5巻

カノがアヤノに化けた理由と目を冴える蛇がカノに死体のフリをさせた理由  第5巻 考察(ネタバレ注意)

こちらでCMのまとめの記事はこちら
第10弾まで(第11弾の予測記事あり) CMまとめ 放送局もあるよ! メカクシティアクターズ 

第11弾 アニメの主題歌「daze」とアニメPV!動画 メカクシシティアクターズ

関連記事
シンタローとアヤノの初めての勉強会 「daze/days」 初回限定版A ドラマCD(シンタロー視点) 感想 メカクシティアクターズ

どうしてアヤノはシンタローと仲良くなろうと思ったのか?daze/days CD 初回限定盤B 短編小説(アヤノ視点) 感想 メカクシティアクターズ

ツイッターキャンペーンがある!? クリエイター向けのPC発売!! 続報 カゲロウプロジェクトとマイクロソフトがコラボ!

カゲロウタブレット!? マイクロソフトとコラボが決定! カゲロウプロジェクト

「daze」&「days」の2曲が収録、発売決定!! シングルCD メカクシティアクターズ

メカくじ団、始動!? 一番くじ発売決定! メカクシティアクターズ

アニメ3話「メカクシコード」 先行カットが公開!? 挿入歌も公開! メカクシティアクターズ

メカクシグッズが先行発売!? ニコニコ超会議3 メカクシティアクターズ

べに鮭ストラップのQRコードが読み取れる!?  アニメ第2話 メカクシティアクターズ

アニメOP「daze」1話Ver 動画 考察 メカクシティアクターズ

じんfeatメイリア from GARNiDELiAの新曲! 「daze」(short ver)の配信開始!! 

メカクシグッズが手に入る!? メカクシ団購買部 4月16日から新宿にオープン!

じんさんによるアニメ初回のみどころもあるよ!メカクシティアクターズ特集 アニメージュ 感想

2回目はとれる! 合計で21になると壁紙をもらえる  メカクシティアクターズ公式サイト

目にまつわる力を持つ少年少女達が活躍するお話 メカクシティアクターズ原作 ご紹介

メカクシ団が雑誌に載る!? アニメージュなど他4誌 メカクシティアクターズ

メカクシ団が都内街頭ビジョンに登場!? 4月7日~13日まで限定! メカクシティアクターズ

「目」の付く駅にメカクシ団が登場!! 4月7日(月)から一週間限定! メカクシ

公式サイトで、合計21なると、壁紙がもらえる!?  メカクシティアクターズ

第11弾 アニメの主題歌「daze」とアニメPV!動画 メカクシシティアクターズ

第11弾は、23時58分から!? いつもより長いCM時間! メカクシシティアクターズ

アニメイト池袋本店の階段をメカクシ団ジャック!? メカクシティアクターズ

アニメ主題歌決定!! じんさんの新曲 メカクシティアクターズ

新章突入! クロハ登場!?漫画 カゲロウデイズ4巻 画像付き感想  

ニコニコ生放送も放送時間正式決定!! その他もいろいろ配信決定!!動画配信サイト(放送局) メカクシティアクターズ  

「spoon.2Di」の雑誌にて メカクシティアクターズ特集!! 3月31日発売!

メカクシ団 創業者  NO.0アヤノ 第10弾 CM メカクシティアクターズ

まだある!? 第11弾 CM しかも映像が2種類!? メカクシティアクターズ 

テレビとシンクロ!? アニメ 全国同時放送‼︎ メカクシティアクターズ

赤シンタローの能力とは一体何だ? カゲロウプロジェクト 最大の謎! 考察してみた

やっぱり第10弾があった! メカクシティアクターズ CM カゲロウプロジェクト

そういえばヒヨリの可能性もあるよね? メカクシティアクターズ 第10弾 CM

メカクシ団が登場!? 秋葉原ラジオ会館ウォールアート メカクシティアクターズ

目にまつわる力を持つ少年少女達が活躍するお話 カゲロウプロジェクト アニメ  放送日時決定!

カゲロウデイズ シンタローがキーワード!? 小説の第4巻まで 考察

目にまつわる力を持つ少年少女達が活躍するお話 メカクシティアクターズ 第8弾 セト

メカクシティアクターズ 放送局更新! とちぎテレビ・群馬テレビ追加

あなたのイラストがアニメのエンドカードに!? メカクシティアクターズ 地上波エンドカードイラストコンテスト

メカクシティアクターズ 第9弾CM 先行公開! 東京ビックサイト 22日23日 「Anime Japan2014」アニプレックスブース

メカクシティアクターズ 第9弾 シンタロー 声優 動画

テーマ : メカクシティアクターズ
ジャンル : アニメ・コミック

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ニコマルです。

まさか11話でシンタローの能力がわかるだなんてびっくりです。
そしてアヤノの「目をかける能力」はどんな能力か謎のままですね。

11話を踏まえたシンタローに関する考察が固まってきました。
とは言っても僕の考察なんで間違っているかもしれません。

アニメ8話からのシンタローの時系列は8話で能力発動、いままでのループを思い出す。→11話冒頭、自宅に帰り、目に焼き付ける能力に「この先どうする?」と問われたシンタローはアヤノに会うためにカゲロウデイズに入る。→11話Cパートでアヤノを迎えに行く。

11話冒頭のシンタローとロスタイムメモリーの黒シンタローは別ルートじゃないかと思います。その理由はPVに出てくる時間です。黒シンタロがエネを消す前の時計の時間は8月15日12時32分です。また黒シンタロがはさみを持っているときに西日がさしているので夕方だと考えられます。
一方アニメのシンタロは8話の後に11話冒頭にはさみを持っていると考えるとした時間は夜なんじゃないかと思うんです。

だから11話冒頭とCパートのシンタローは同じルートでPVの黒シンタロとは別ループだと思います。

あとアヤノがカゲロウデイズに入るときは高校の制服なのに、カゲロウデイズの中ではセーラー服なので、シンタローもカゲロウデイズでは服装が変わるのかなって考えました。

長文失礼しました。

Re: No title

コメントありがとうございます。二コマルさん。

ふむふむ、確かに第11話の冒頭シーンの黒シンタローと音楽版のシンタローは違いますね。

第11話の冒頭シーンの黒シンタローの服と音楽版の黒シンタローの服は同じように黒のパーカーです。

しかし、二コマルさんの言うとおり、第11話の冒頭シーンのシンタローと音楽版の黒シンタローは違うことがわかりました。

でも、私が思うのは、第11話の冒頭シーンのシンタローと最後のシンタローは同じルートではないと思います。

理由はシンタローの服です。第11話の冒頭シーンのシンタローの服と最後のシンタローの服は、赤ジャージと黒パーカー、違います。

可能性として、第8話のシンタローが自宅に戻り、赤ジャージを脱ぎ捨てたという可能性がありますが、シンタローの精神状態を考慮した場合、そのまま、いそうなものです。

第8話で取り乱していたシンタローが、着替える余裕がないと考えた次第です。

最後のシーンのシンタローが、どうやってアヤノに会いに行ったのか?分かりませんが、第11話の冒頭シーンのシンタローの同じやり方かもしれませんね。

カゲロウデイズのアヤノについて、ですが、自殺の時、確かに夏服だったはずなのに、中では長袖のセーラー服でしたね。

セーラー服は、中学時代の制服です。もしかしたら、幸せだった時代の服装なのかもしれませんね。シンタローの服も、メカクシ団といる時でしたし……。

私的には、二コマルさんの考察は、自分が気づかなかった指摘をしてくれる時もあるので、参考にしてますよ?

安心してください。私だって間違えますから(笑)ブログ記事で書くと、訂正記事とか上げなきゃいけませんけどね。

まぁ、その記事も自分の考えの軌跡なので、間違えても構わないと思ってます。

ニコマルさん、毎回コメントありがとうございます。嬉しいです。

No title

返信ありがとうございます。

こちらこそ此花さんのブログは毎日楽しみにしてます。シンタローの能力が記憶に関係するものだという考察は此花さんのブログで知りましたし。

なるほどシンタローの服ですか。確かに同じ黒パーカーですね。
でも8話EDではパーカーを着たシンタローが頭を抱えるシーンがあるのとアニメのオツキミリサイタルでハサミが置いてあるシンタローの部屋のシーンがあるので、11話冒頭とCパートは同じルートだと思います。

しつこくて申し訳ありません。


でも同じルートでも違うルートでもシンタローが能力によってすべてのルートを思い出したならカゲロウデイズに入る方法もカゲロウデイズに出る方法も知っている可能性があります。

Cパートの赤ジャージのシンタローがアヤノを迎えに行ったのは間違いないと思います。

いつもコメント返信してくれてありがとうございます。
此花さんの考察楽しみにしています。

Re: No title

こちらこそ、コメントありがとうございます。ニコマルさん。

分かりました。ニコマルさんの意見を私の意見で変える気はないので、主張はしません。
というか、正解は次の最終回を見ないと、何とも言えませんね(笑)

議論が決着するには、放送日まで待つしかないと思った次第です。

私は、シンタローがアヤノを連れて、本編に出てくることを信じてます。cパートはアニメのシンタローくんがアヤノを迎えに来たシーンなのは、間違いないと思います。私もそう思うので。

個人的な意見ですが、アニメの結末は真実は知ることは出来るけど、バットエンドになる気がします。

どうなるか分かりませんがね。シンタローが出てくるタイミングが分かんないし。

この私のブログは、自分なりの考察なので、参考になったのなら、嬉しいです。私も当たるとは思いませんでした。正直に言うと…。

アヤノが言った言葉から、こうだろう!というのを書いたので、まさかの「目をかける蛇」じゃないという展開になるとは思ってもみませんでした。

可能性は提示してたんですが。じんさんの頭どうなってんの?くらい、ややこしいです。時々、頭が混乱しそうになります。

そうゆう考察記事って、急にひらめくというか、降りてくる時が自分でも納得の結論になるんですよねぇ。赤い目の猫の記事の時もそうでしたから…。

あれは下書きでは、赤い目の猫はカノじゃないになる予定だったのに、途中でひらめいて、結局赤い目はカノだ、という結論になりました。

あ、ニコマルさんが読んでなかったら、すみません。

もしかしたら、ブログを書いてないと、そういうことに気付けなかったかもしれません。やらなかったら流石に、会話書き起こしなんてしませんし

書こうと思って書くと、頭が整理するというか…一話一話の分かったことを再確認する感じです。より細かい所の記憶が強く覚えられます。

それが当たる確率を上げてるのかもしれません。普通だったら、気にしない言葉に興味をもつ感じで。

じんさんの脚本なので、特にアヤノとシンタローのシーンは、書き起こさなきゃまずい!って思うんです。あのシーンの数々は全部書き起こしてますから。重要なシーンなので。

まぁこれは個人的な直感でもありますが。
これからもブログ頑張りたいと思います。応援ありがとうございます。ニコマルさん

No title

返信ありがとうございます。

わかりました。 最終回で決着をつけましょう(笑)

僕は自分なりに考えたり、他人の考察を読んだりして、考察をまとめるのが好きです。 これがカゲプロに醍醐味だと思っています。

最終回の予告を聴くとバットエンドぽいですね。黒コノハ登場しそうだし。
でも楽曲からのファンである僕はハッピーエンドをどこかで期待しちゃいます(笑) サマータイムレコードはハッピーエンドのイメージが強いので

考察しているとき急に思いつくのはわかります。そうやって考察したり、他人と意見を交換したりするのが楽しんですよね。

4話の赤い目の記事読みましたよ。僕もカノの可能性を考えているんですけど確信できる証拠がないので謎のままです。

カゲプロのハッピーエンドはなんだろっと考えているんですけど、音楽編ではバットエンドだし、どうやってカゲロウデイズを攻略するかわからないですけど、11話を見て一つ思いつきました。

シンタローの「目に焼き付ける能力」はマリーが作ったと考えています。
根拠は11話冒頭の目に焼き付ける能力の「昔、君と女王は誓ったんだ」のセリフと8話EDの「目を合体させる能力」を使っているマリーのシーンです。あのシーンでマリーがシンタローに能力を与えたと考えています。

マリーが蛇を創ることができるということは「アザミの10の能力」以外に他にも能力がある可能性があるかもしれない。

メカクシ団がなんらかの方法で目の冴える蛇を倒した後でマリーが命の変わりとなる蛇をつくり、ヒヨリやカゲロウデイズに取り残された人、蛇を失ったケンジロウに新しい蛇が取り付けば、全員生還エンドができるんじゃないかって思うんです。

これは僕の妄想なので、たぶん間違っていると思うんですが・・・・・・・・どうなるか最終回が楽しみですね。


何回もコメントして失礼しました。

Re: No title

いえいえ何回でもコメントは大丈夫です。
カゲプロは、そういう考察ができるからこそ人気が出たのかもしれませんね(笑)
最終回の題名が「サマータイムレコード」というので、私だってハッピーエンドで終わってほしいですよ!

楽曲のイメージがなんというか、繰り返してきた悲劇があったけど、今は幸せだ、でも決して繰り返してきた日々は忘れないようにしよう、という感じなので、また次があるんだという終わり方にしてほしいです。
クロハが出るとなると、そうゆう終わり方をするのかなって予想してます。

マリーが「目が焼き付けた蛇」を創ったというのは確かになくないですよね。私も放送した夜にツイッターでそうつぶやいてました。アザミも「目をかける蛇」をシオンを生んだ時に創ったといわれているので、可能性は大いにあります。

能力の生まれた条件がアザミのお話を見ると、感情がキーワードのようなので、マリーの感情が「決して悲劇を忘れない気持ち」が蛇を生み出したのかもしれません。そしてシンタローに託した。というか、生まれた時から持ってるってことは、シンタローって能力の蛇と自分の命、2つ分の命を持ってることになりません?

目が冴える蛇の目的がアザミの10つの能力をすべて集めることなら、シンタローは関係なくなりますよね。
目が冴える蛇にとっては、シンタローの能力が予想外だったのかもしれません。
それが、大きな誤算だった。あるはずない能力が存在していたって感じで。

サマータイムレコードみたいに全員生還エンドが見たいです。目を冴える蛇を倒して。
ニコマルさんありがとうございました。




No title

遅ればせながらコメントさせていただきます

オツキミリサイタル本当にすごかっったですね。ついにシンタローの能力がわかり、新事実や疑問、みたかったシーンが盛りだくさんで大満足でした。
 冒頭のシンタローがいつのであるか、私は今回の世界のシンタローだと思います。きっと今までの世界で目に焼き付ける力に目覚めたことはあったとしても、黒シンタローがアヤノにすがり、こうすればアヤノにあえると知って自殺した世界もあったんでしょうけど、このシンタローがはさみを使ったとき、目に決意というか何か確かなものがあったように思えます。
 あと、目に焼き付ける能力がマリーが作ったものであるというのも同感です。目の能力って女王の感情「もしくは願い」から生まれてるようですが、だとしたら「目が冴える」は欲といったことでしょうか。となると他の蛇は何から生まれたんだろうって考えるのもたのしいです。「目をかける」はシオンさんが生まれて出来た力だから愛情かな?となるとどんな能力なんでしょうね。3巻でシンタローに話しかけていたのがアヤノ本人であるならばテレパシー?
 あと、能力の名前にある格助詞で、ほとんどが「を」であるのに対し、冴えると焼き付けるだけが違うんですよね。冴えるは自我があるから「が」なんでしょうが焼き付けるの「に」は対象が自分限定、もしくは能力そのものに記録する力という意味があるのかなとかんがえました。
 あと、5巻の話をしっかりやってくれていたのもうれしかったです。アヤノはかっこ悪いねっていったけど全然そんなことない、こわいのは誰だって同じ、それでも家族のためみんなの幸せのために諦めず行動したアヤノは本当にすごい子だと思います。でもわかっていてもひとりぼっちの作戦いかないでと思いました。カノのことがあるから特に。目の前でおねえちゃんが死んじゃって、それでも悲劇は終わらなくて、知っているのに何も出来なくて、でもみんなの前では明るく振舞うカノって辛い。セトがきてくれて本当に良かったと思いました。セリフも追加されていたのもすごくいい。セトは能力のせいとはいえ、昔からカノのこと理解してたんだなって。友達であるのと同時に兄弟、家族でもある。少し不思議な関係ですね。このシーン大好きです。
 モモたちの居場所がわかったときの「もちろん」っていう憑き物が落ちたみたいな様子も印象的でした。
 モモって勉強できないだけでじつはひらめきがすごいんじゃないかと思います。好きなの?ってきかれてあわてるヒビヤも面白かったけど、その後のモモのセリフと笑顔が印象的で、モモだ、オツキミリサイタルだって思いました。
 考えてみたら声優発表のCM当たってるのモモだけですね(笑)
あと、マリーさすが絶叫系大丈夫女子。シンタローがあれだけひどい目にあったコノハの動きでも、叫び声が楽しそうでした。
 cパートでシンタローがアヤノを迎えに来たときは、やっと、多くのカゲプロファンが望んでいたことが実現して、めちゃくちゃうわーってなりました。やっとアヤノが救われる。アヤノはカゲロウデイズからみんなを見守るエンドだったらどうしようってずっと思ってたから。
 クロハが出るので油断できませんが、ハッピーエンド、もしくはそのための布石が打たれると私は信じます。終わっちゃうのすごく寂しいですがまだ小説と漫画がありますし、カゲプロという作品が好きなかぎり、さよならすることになってもずっと心に残ると思います。
 すみませんめちゃくちゃ長くなった上、半分以上自分の考察と感想になってしまいました。
 カゲプロの集大成であるアニメの終わり、最後まで楽しみましょう。
 
 
 

Re: No title

コメントありがとうございます。ゆうみさん。

私も第11話でシンタローの能力が分かって驚きました。あれはドラマCDの伏線がここで回収されるとは思いませんでした。

冒頭シーンのシンタローの考察、ゆうみさんもアニメの世界だと思いますか…。なんか自信がなくなってきた。私の考察が間違えているかもしれない。

ゆうみさんの意見も納得出来るものですし、可能性はあると思います。

「目に焼き付ける蛇」をマリーが創ったものだというのは、まだ仮説に過ぎませんが…アヤノが「気づけるのは君だけ」だと言っていることから、目が冴える蛇にとって予想外の能力なのかもしれません。

そうしないと、メカクシ団が目が冴える蛇に勝てる算段が思いつかないですよね。絶対、そういう存在が必要ですし。

能力の格助詞に注目するとは面白い観点ですね!確かに能力の名前で、「を」が多いですよね。他人に向けてということでしょうか?

「が」は、自分自身に向けて、で、「に」が自分の中という意味?思い付いたのを上げてみました。

私もアニメで原作5巻の話をちゃんとやってくれたのはとても嬉しかったです。あれはある意味、原作を補完してたような感じでしたね。

おそらくですが、原作もアヤノがカノに手伝って、と言ったのは有ったではないかと思います。アヤノはアヤカの日記のことを言わないで、カノに相談したのではないでしょうか?

そのため、カノが公園でアヤノと話すときにカノが驚いた心情をしていた。アニメでそうですしね。少々違う所はあるとは思っていますけど…。

セトのセリフが追加されていたのにはちょっとびっくりしましたが、セトがカノのことを家族として理解してくれていたのが分かって嬉しかったです。

ある意味、カノがずっと隠していた感情を爆発させるシーンなので、アニメの話的にも、やらなくてはいけないシーンだから、原作通りにいったのだと思っています。

色んな意味で小説5巻を読んでいない人にとっては、カノの黒幕臭がプンプンしてましたしね。あれがなかったら、カノの行動の意味が分かんなくなりますし、重要なシーンですよ。

この時の原作のカノの心情が好きです。孤児院にいた頃を思い出していた。小さい頃の三人で会議していた頃のことを。初めてカノは、人を頼ったのかもしれませんね。

もっと好きなのは、アニメではやらなかったカノが自然に笑うシーンです。その後、貴音ちゃんにからかわれてましたが(笑)

セトに全部真実を話して、本当によかったなと思います。あのカノの「もちろん!」の顔で実感しました。

シンタローがアヤノを迎えにくるシーンは、アヤノというキャラが登場してから、アヤノには幸せになってほしいのに、なんでなんだ!と思いがあったので、見てて本当に嬉しかったです。

ぶっきらぼうにシンタローがアヤノのマフラーの話をしたのは、何を話していいか分かんなくなったんでしょうね。

「みんなが待ってる」と言ったシンタローにアヤノが泣き出して、その様子にうっとなってたのが少し笑いました。

そこまで待たせてしまった証拠ですから、シンタローは罪悪感が感じたんでしょうね(笑)

ついに今日の最終回、このシンタローとアヤノのシーンがどういう風に関わってるのか分かりませんが、楽しみにして放送を待とうと思います。
累計カウンター
滞在中カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

此花

Author:此花
初めまして、此花(このはな)です。
年齢は19歳。今年で20歳 今は就職活動中
静岡県民です
妖怪や神様などが大好きです。そのせいか、そういうアニメを見ることが多い。
今は、アニメばっか見てます。
後、ボカロ系統大好きです。
この↑の二つを書くことが多いです
ぜひ読者の皆様、アニメのお話を共有しましょう

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSS
このブログのRSSフィードを配信しています
Twitter
自分用
忍者AdMax
スポンサーリンク
参加ランキング
このランキングに参加しています

にほんブログ村 アニメブログへ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

逆アクセスランキング
FX手数料比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。